日々を過ごす上でお金の大切さを考えること

Google
日々を過ごす上でお金の大切さを考えること

ものを買う考え方が違うお金の貯まる人といつも足りないと嘆く人

日々を過ごす上でお金の大切さを考えること
同じ社宅に住む同年輩の人同士で同じような生活をしていても一方の人はいつもお金が足りないと嘆いているのに、もう一方の人は毎月少しずつ余り気味で貯蓄できる余裕のあるケースが良くあります。結果的に、余裕のある人は毎日、特に意識しているわけでないのにお金に困らない状態で暮らせるわけです。普段の生活に自然と節約意識が働いている人は毎日の買い物で街に出かけても余分なものや無駄なものを買わなかったり、喫茶店等に立ち寄らないので、おやつを食べたり、食べ切れない数量の食材を買ってしまい、腐らせて捨てるような消費生活を続けている人と比べると日々使うお金はわずかに違うだけでもその金額が何年間も積み重なると大きな金額になってしまうということです。

従って、両者にはお金の使い方に対する考え方が明らかに異なると言えます。節約意識のある人が富裕層になるとお金のまま所有して金融機関の預貯金や株式投資等に回す人と平素は無駄なものを買わないでいて、自分や家族の人生にとって必要なものあるいは、趣味や旅行等に一気にお金を使う人の2種類に分かれるわけです。いずれにしても周囲から見ていると普段の生活が質素で派手さが見られず、メリハリのある消費の仕方が自然と身についていると言えます。このような人こそお金の使い方が上手な人というのでしょう。

Copyright 2017 日々を過ごす上でお金の大切さを考えること All Rights Reserved.