日々を過ごす上でお金の大切さを考えること

Google
日々を過ごす上でお金の大切さを考えること

カナダのお金の門番BOC

日々を過ごす上でお金の大切さを考えること
カナダのお金を司る中央銀行はBankofCanada(BOC)で1934年のカナダ銀行法に根拠を置きます。その目標として、カナダの経済的、金融的な厚生を促進することを掲げています。カナダ・ドルは、完全に変動相場制を採用しています。カナダ中銀には、この変動相場制は一つの重要な金融政策の手段となっています。これにより、カナダ経済は市場のショックに調整を進め、また市場に対して金融政策の周知を図れるからです。基本的にカナダ政府も中央銀行も為替の特定の水準を念頭に置いているわけではありません。これはインフレ率や金利格差、貿易などの要因により市場が決定すべきこととしているからです。

また、介入の方針は中央銀行で決められていて、1998年9月前までの方針は、カナダ・ドルの大きな上下変動に対して介入を行うということでした。この意味では、機械的な介入方針でした。1998年9月にはこの介入方針が変更され、機械的な介入から、より恣意的な形での介入となりました。つまり、異常な市場環境にのみ介入を行い得るというものに変化しました。介入のメカニズムとしては、その実行・実務は中央銀行で行われます。連邦政府のために行うのであって、この意味で中央銀行は、介入で外貨準備を利用することができます。

Copyright 2017 日々を過ごす上でお金の大切さを考えること All Rights Reserved.