日々を過ごす上でお金の大切さを考えること

Google
日々を過ごす上でお金の大切さを考えること

南アフリカのお金の門番と周辺国

日々を過ごす上でお金の大切さを考えること
南アフリカのお金を司る中央銀行は、南アフリカ準備銀行(SouthAfricanReserveBank)です。価格安定の達成と維持を目標にかがけて、インフレ・ターゲットを採用していて、常時、消費者物価指数が3%〜6%の範囲内にあることを目指します。為替政策に関しては、過去の外貨準備の不足によるランド安、インフレを警戒して、継続的に外貨準備を増加させています。南アフリカ準備銀行は外貨準備の増大のために、民間銀行からの借入を行います。こうした中央銀行の為替オペレーションで発生する為替差損は政府が負担します。また、政府は海外市場で外貨建て債券を発行していて、この外貨の代わり金は中央銀行の外貨準備に回されます。また、南アフリカ準備銀行は不胎化のために、債券を引き当てに銀行とレポを組んだり、南アフリカ準備銀行の金融債を売却したり、政府の国債をアウトライトに売ったりして、市場に出たランドを回収しています。

ところで、南アフリカはアフリカ大陸の南端に位置するが、南アフリカの北部には四つの国があります。ナミビア、ジンバブエ、モザンビーク、そしてボツワナです。南アフリカの中にはレソト王国とスワジランド王国が別に存在していて、このレソトとスワジランドでは、南アフリカの通貨ランドを採用していています。外国為替との関係では、ジンバブエの政局不安が南アフリカ・ランドに影響を与えます。ジンバブエは隣国であり、そこでの経済悪化はランドにはマイナス要因です。ただし、それ以外の周辺国での経済は堅調であって、通貨もランドにリンクします。

PICK UP! サイト情報

Copyright 2017 日々を過ごす上でお金の大切さを考えること All Rights Reserved.