日々を過ごす上でお金の大切さを考えること

Google
日々を過ごす上でお金の大切さを考えること

ポーランドのお金ズローチ

日々を過ごす上でお金の大切さを考えること
ポーランドのお金はズローチ(Zloty)で、東欧通貨の中では最も流動性の高い通貨です。ズローチは変動相場制を採用していて、中央銀行はNationalBankofPoland(NBP)で、NBPはズローチ高に懸念を示すものの、これまでのところ市場介入は行っていません。ポーランドという国は、2004年5月にEUに加盟した10カ国の中で、最大の経済規模を誇ります。この時の加盟で、経済は好調を維持し、海外からの投資も増加し、農業へのEU補助金の恩恵も受けています。一方で、政治腐敗が繰り返され、政治に対して国民の信任は低下しています。1978年にヨハネ・パウロ2世がローマ法王になり、共産主義に対して反対する国民に勇気を与えてきました。2005年にヨハネ・パウロ2世が死去したことは、ポーランド国民に深い悲しみを与え、同時に四半世紀でのポーランドの歴史を陰影の深いものにしています。

ちなみに、この時、ポーランド出身の法王の死がポーランドの統一の求心力が緩むリスクをもたらすとしてズローチが売られましたが、その影響は限定的で、むしろポーランド経済の鈍化懸念や、9月の総選挙不安からズローチは売られました。他にはユーロ参加問題なども抱えています。

PICK UP! サイト情報

Copyright 2017 日々を過ごす上でお金の大切さを考えること All Rights Reserved.